SPFとPAは高ければ良いわけじゃない

SPFとPAの数値は高ければ良いわけじゃない 美容、エステ、脱毛
SPF、PA

皆様こんにちは、美容師のdaiです

今日は、日焼け止めに記載されているSPFとPAについて詳しくお話します

これで日焼け止め選びも少し変わるかもしれません

 

SPFとPAは高ければ良いわけじゃない

そもそもSPF、PAって?

SPFとPA

SPFは

サンプロテクションファクターの略で、UVB(中波長紫外線・紫外線B波)によっておこる(シミやそばかすの原因となる)急性の炎症を防止する効果が続く時間を表したものです

  • SPFの数値単位は、20分~25分が1となります
  • 何も付けずにUVBを浴びて日焼けをする時間が約20分と言われています
  • SPF1は、何も付けない状態から20分程度日焼けを遅らせるという事です
  • SPF30は、20分×30=600分 10時間(UVB)を防げるという考え方です
  • SPF50は、20分×50=1000分 16.6時間(UVB)を防げるという考え方です

PAは

プロテクショングレードオブUVAの略で、UVA(長波長紫外線・紫外線A波)によっておこる(肌のシワやたるみの原因となる)肌内部の組織や機能へのダメージを防止する効果を+で表したものです

  • PA+はUVA防止効果がある
  • PA++はUVA防止効果がかなりある
  • PA+++はUVA防止効果が非常にある
  • PA++++はUVA防止効果が極めて高い
  • ※PAは効果の時間という概念はありません

 

詳しい紫外線のお話は→”紫外線の種類を理解しよう”をご覧ください☆

紫外線の全てがわかりますよ!

日焼け止め

 

数値から考える日焼け止めの選び方と使い方、注意点

数値はあくまでも基準値(選ぶ1つの目安)です

SPF50 PA++++ が一番効果が高いので、この数値の日焼け止めを塗っておけばOK・・ではありません

SPF50 PA++++

 

外で太陽を浴びる時間はどれくらいなのか?

  1. 外で一日中遊ぶ、また子供の野球観戦など比較的長時間太陽を浴びる時
  2. 買い物に行くだけ、歩いてスーパーに行くけど10分程度太陽を浴びる時

1.の場合・・SPF20以上 PA++以上を使用した方が良いです、SPF50 PA++++を使用しても良いですが、ずっと炎天下の環境以外は正直必要ないと言えます、塗り直しができるならそれ以下のものを使う方が良いです

2.の場合・・SPF20以下 PA++以下でも十分です、買い物に行く時とかは、外で活動している時と比べて日傘なのでガードしてるパターンも多いと思うので、数値が低い日焼け止めで良いです

上記のように、SPF値とPA値は、紫外線の状況と紫外線に当たる時間で選べば良いと思いますが、数値が高いほど強力で、専用のクレンジングでないと落ちない場合もあります、日焼け止めを落とす洗顔でお肌を傷めて(乾燥など)しまうケースがあるので、意外と気を付けないといけないポイントです、ですので、日焼け止めは2~3種類持っていても良いと思います

日焼け止め

 

まとめ

日焼け止め選びをする際のSPFとPAにフォーカスして書きました、皆様けっこう数値の高いタイプを一種類持ってるだけの方が多いので、数値の低いタイプも持っている方がTPOに合わせやすいと思います

また、日焼け止め選びで大事な”紫外線吸収剤と紫外線散乱剤”の事も知っていると、お肌にとって大変重宝します

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の説明書

これがわかれば、日焼け止めの考え方が変わります

 

是非参考にしてみて下さい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました