タイプ別日焼け止めの特徴

タイプ別日焼け止めの特徴 美容、エステ、脱毛
日焼け止め、タイプ別日焼け止め

皆様こんにちは、美容師のdaiです

現在日焼け止めの種類も豊富で、何を使ったら良いかわからない方も多いと思います、また情報も多いのでわかりづらくなってきているのも正直なところです

この記事では、わかりやすく各タイプのメリット、デメリットのみを書いております

また、出来るだけお肌に優しい事、紫外線を防げる力を考慮し、厳選した日焼け止めをタイプ別にご紹介致します。

 

タイプ別日焼け止めの特徴

 

クリームタイプ

クリームタイプの日焼け止め

メリット・・クリームタイプの魅力は保湿力です、化粧下地として使えるものも多く、耐水性もあるので、汗にも強いのが特徴です、そういった面でも、塗ったところは比較的しっかり紫外線を防ぐ事ができます、またエイジングケア成分を含んでいるものもあります。

デメリット・・専用のクレンジングを使用しないと落ちないものもあり、オフのしやすさは△ その落とす作業で肌を傷める(乾燥に繋がる)場合もあります、伸びもそれほど良くはないので、何度か塗ってムラを無くす必要があります、また油分の影響でニキビなどの肌荒れが悪化する心配があります。

 

 

ジェルタイプ

ジェルタイプの日焼け止め

メリット・・ジェルタイプは、塗りやすく伸びが良いのが特徴です、またみずみずしいのにベタつかない部分がサラッとした感じを好まれる方には人気です、周りでも使用率は高いです、白浮きしないのもジェルの特徴です、ウォータープルーフタイプがおススメです。

デメリット・・耐水性が低い為、汗などで落ちやすいです、また紫外線吸収剤が配合されているジェルタイプのものは、お肌が敏感な方はあまりおススメはしません。

※紫外線吸収剤の詳しい話は→紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の説明書

 

乳液タイプ

乳液タイプの日焼け止め

メリット・・乳液タイプはお肌に優しいもの(ノンケミカルタイプ→紫外線吸収剤不使用)が多く、伸びも良いので敏感肌の方におススメです、耐水性と保湿力も悪くないので比較的好まれる方が多いです、化粧下地としても使え、簡単に落とせるのも魅力の一つです。

デメリット・・サラッとした質感が好きな方は、少しベタっとした感じがするかもしれません、また油分の影響で、メイクが崩れやすい可能性と、ニキビ肌の方は悪化する心配があります。

 

スティックタイプ

スティックタイプの日焼け止め

メリット・・最近人気のタイプですが、まず手に付けずに塗れるというところとメイクの上から塗れるというところが人気の理由です、直接塗るので肌との密着性が高く耐水性も悪くありません、塗り直しに向いているので、カバンに入れておけば出先で大変重宝します。

デメリット・・形にもよりますが、鼻の脇や、目元など、細かい凹んだ部分は少し塗りにくいと思います、またあまり広範囲に塗れない(時間がかかるし、減りが早い)ので、使い分けをおススメします、耐水性が悪くない分、厚塗りすると落ちにくいので注意が必要です

 

 

 

スプレータイプ

スプレータイプの日焼け止め

メリット・・スプレータイプは、髪の毛に使用できます(髪用に特化されたものもあります)私は美容師なので、スプレータイプを一本持つことをおススメしてます、髪の毛が傷むベスト3に紫外線は堂々ランクインです、身体のついでに髪もサッと振れるところが良いです、薄手の服なら服の上からでもスプレーすると効果があります、手の届かないところもスプレーだと塗布は可能です、メイクの上からや出先での塗り直しに便利です。

デメリット・・塗りやすいですが、スプレーなので塗布の際周りに気を付けないと飛びます、またスプレーなので、それなりにムラができやすいのと、粒子と粒子に隙間があるので、塗った後手でなじませるのをおススメします、耐水性は弱いので、塗り直しや、表記されているSPF、PAの効果よりは弱くなると思っていた方が良いと思います。

※SPFとPA数値は高いとその分お肌に負担がかかるので、低くても大丈夫です→SPFとPAは高ければ良いわけじゃない

 

 

パウダータイプ

パウダータイプの日焼け止め

メリット・・パウダータイプは、メイクの上から使用できます、またパウダーファンデーションもパウダータイプの日焼け止めと言えます、ほとんどに酸化チタンなどの紫外線散乱剤が入っているので、日常的なUVケアには十分と言えます、出先での塗り直しも比較的やりやすいでしょう、油分が少ない為、サラッとした質感になります、赤ちゃんやお肌の弱い方はパウダータイプもおススメします。

デメリット・・汗や水に弱いのが特徴なので、何度か塗りなおす必要があります、パウダータイプは紫外線防止効果が弱い(SPFが低い)ので紫外線の状況や当たる時間などで、他のタイプのものと併用しても良いと思います、ただ私が感じるのは、炎天下で長時間いる状況は日常生活でも限られてくるのでそこまでSPF値とPA値がMAXのものを付けなくても良いと思います、強い日焼け止めは逆に肌に負担がかかります。

 

ローション(ミスト)タイプ

ローションタイプ

メリット・・ローションタイプは化粧水のようなものが多く、サラッとしています、塗った感がないのでさっぱりを好む男性や子供さんに人気です、白浮きもないので、しっかり塗りたいところは重ねて塗って良いと思います、お肌に優しいところもおススメです。

デメリット・・紫外線防止効果を多く配合できないので、日焼け止め効果は低いです、また耐水性も低いので、汗や水に弱いです、日常生活程度では問題ないですが、日差しが明らかに強い日や、外にいる時間が長い日は、違うタイプのものと併用をおススメします。

 

 

飲むタイプ

飲む日焼け止め

メリット・・飲むタイプは塗るタイプとは違い、全身に効果を発揮します、特に目や頭皮などの塗れない部位や塗りにくい部位も効果を発揮します、またお肌の関係上塗れない方は、飲むタイプはおススメかもしれません、日焼け=お肌の酸化です、紫外線を浴びた肌への抗酸化目的で身体の中からケアするというイメージです、飲み続けると日焼けしにくくなります。

デメリット・・身体の中に入れるものなので、高品質であり、配合成分も充実している必要があります、また効果が出ているのかわかりづらいところや、飲み続けないと効果が発揮されないところが少しデメリットかと思います。

※注意点は、アレルギーがある方や妊娠中、授乳中の方の服用は医師や薬剤師に一度聞いてからの方が良いと思います。

 

 

まとめ

日焼け止めは、

  • 耐水性が高い(汗や水で落ちにくい、肌への密着度が高い、油分が多い)
  • SPF、PA値が高いものが多いタイプ
  • 紫外線吸収剤が入っているタイプ

は日焼け止め効果が高いものが多い=肌に負担がかかる可能性がある

  • 耐水性が低い(汗や水で落ちやすい、肌への密着度が低い、油分が少ない)
  • SPF、PA値が低いものが多いタイプ
  • 紫外線吸収剤不使用、紫外線散乱剤が入っているタイプ

は日焼け止め効果が低いものが多い=肌に優しいので、敏感肌の方にはおススメ

という事がわかりました。

 

各タイプの特徴がわかったところで、日焼け止めを選ぶ時に大事な点が後2点あります

  1. SPFとPA
  2. 紫外線吸収剤と紫外線散乱

これについては、かなりわかりやすく書いているので、こちらをご覧くださいませ

 

日焼け止めは、ライフスタイル、TPOに合わせて2~3種類持っていて良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました